秋の深まり、ぐるり八ヶ岳。

紅葉の色が、どんどん下りてきて、秋が深まる頃。

友とふたりで山へでかけた。

ずっとずっと、なにかのための山登りばかりで、息が続かなかったから。

シーズン終盤のこの山行を、すごく楽しみにしてきたんだ。

 

八ヶ岳は初めての友、久しぶりのあたし。

行き先をざっくり八ヶ岳に決めた後、どんな山にしよう、と散々迷って、

美濃戸口から周回する、黄金ルートを行くことに決めた。

沢沿いに、静かな森歩きを楽しみ、

晴れゆく空に期待しつつ、着いた赤岳鉱泉。

でも、稜線にはなんだか腰が重たそうな雲が。

願わくば、晴れてー!

赤岳鉱泉を過ぎると、有無を言わさず、がっつりと登らされる、森の中の道。

ひたすら喋って喋って、変なタイミングで日焼け止めを塗って、また喋って。

うっかりカモシカを見逃しかけたり。

うっかりカモシカをイノシシと間違えたり。

しっかりと登らされたけど、それでも、どんどんと稜線が近くなってくる喜び!

あの雲たちも、すっかりいなくなって、まさに最高のタイミングってやつ。

稜線に出ると、そこは広ーい硫黄岳の山頂。

爆裂火口!

これが言いたくて、言いたくて。

爆裂火口!爆裂火口!と何回も繰り返しては、子供みたいにはしゃぐ。

日本じゃないみたい。地球じゃないみたい。そんな景色。

アドベンチャー感満載の道を行く。

鎖場も岩場も梯子も、ほどよく配置されていて、歩きがいのある道。

そんな道が好きな友は、楽しそうな顔で進む。

絶景を常に眺めながらの稜線歩きは、至福の時。

ずっとずっと歩いていける。

今日も明日も、山の上にいられる。

そんな気持ちで、幸せに満たされる。だから、縦走お泊まり登山って大好き。

今回は、赤岳天望荘さんに泊まらせてもらったよ。

赤岳を目前に望む、抜群のロケーションのお宿。

ごはんもおいしくて、コーヒーもお茶も飲み放題なんて、ありがたすぎるお宿。

お世話になりました。

朝焼けも、街の灯りもきれいだよ!

と、友はうれしそうに、外へと飛び出していく。

朝日が昇る瞬間も好きだけど、

これから朝を迎えるよ、って時間の、染まっていく空も好き。

太陽がいつ顔を出すかな、とみんなで楽しみに待つひととき。

おんなじ景色を黙ってみつめる間に生まれる、一体感とフレンドリーな感情。

これって、街の中じゃなかなかみつけられない気持ち。

朝日が出た後、一瞬で赤く染まるんだよ、って教えてもらって、

今度は、みんなでそちらの方向をみつめる。

ファインダー越しの方が、きれいに赤く見えて、みんなで思わず笑いあったり。

太陽が出ると、途端に空気があたたまって、冷えた身体がほぐれてく。

おひさまのパワーって、ほんとにすごい。

こうやって、一日を始められることに感謝。今日も楽しい一日になりますように。

いよいよ八ヶ岳の主峰・赤岳へ。

昨日、

朝イチであそこ登るのか…!

すっごい急登だね…!

ってか、むしろ這いつくばって登ってるよね…!

と震えながら観察した、赤岳への直登。

這いつくばりゾーンは、ほんとに、急な斜度だったな。

やったね!赤岳!!!

去年、彼女と登った金峰山から眺めてた八ヶ岳。

その主峰にふたりで来れたことがうれしいな。

今年も、ありがと。

赤岳からの下りは、これまたアドベンチャー。

そのまま美濃戸口へ下るのもアリだけど、

まだまだ元気いっぱいなあたしたちは、阿弥陀岳へ。

空へと続くような梯子。

がつん、と急激に高度をあげながら登る、阿弥陀岳。

厳しいけど、短時間でがっつり高度を稼げるから、振り返った時の感動もひとしお。

阿弥陀岳から下ってくる人みんなが、

最高の景色が待ってるよ、

と教えてくれるから、期待もひとしお。

赤岳と富士山と友。

北アルプスからだと、ふんわりとしかわからない富士山。

こんなに大きく、近くに見えるなんて。

阿弥陀岳から見る富士山が、この山旅でいちばん整って美しく見えたよ。

白馬も、槍ヶ岳も、妙高の方面も、御岳も、中央や南アルプスも(そして赤岳からは剱岳も)、

まさに360°のパノラマ。

おまけに、雲の天体ショーつき。

なんて贅沢な山の時間なんだ。

遠くからでも、白馬の山を観ると、うれしくなるあたしたち。

昨日歩いた道も、全部見えてる。

ぐるりと歩いて、ここまで来た。

人間の足ってすごい…!

八ヶ岳も、標高の高いところは、秋の終わりを感じる景色。

葉っぱがある時も、紅葉の時も、幹だけの時も、いつでもダケカンバは絵になるね、と友。

稜線からは、これまた一気に高度を下げる森歩き。

有無を言わさず、がんがん下らされて、一気に雰囲気が変わる。

魅惑の苔の森。

苔×キノコのフォトジェニックスポットを探しながら、森歩き。

あれ。これ去年もやってたような気がするよ。

あたしたちが求めた、赤に白いドット柄のキノコには出会えなかったけど、

キノコをみつけるたびに大騒ぎして、写真を撮って、

一向に進まない、苔の森歩き。

一緒に登るのは、一年ぶりだったけど、

それでも変わらずに、楽しい時間をありがとう。

楽しいことも、寒さも、風も、美しい景色も、ぜんぶ一緒に共有できた友のありがたさ。

八ヶ岳の最高の思い出は、きっとこれからも、あなたの楽しそうな顔と一緒に思い出すよ。

ありがとう、また山でね。

 

 

スポンサーリンク