取材お手伝い・岳人の集う地へ

雑誌『山と渓谷』さんの取材に同行させていただきました。

ガイドとしてではなく、同行モデルとしてのお手伝い。なんと恐れ多いんだ。

徳澤園の二代目ご主人、上條敏昭さんにお話を聞ける、という、贅沢な取材でした。

 

小説・氷壁の舞台となった前穂東壁を観に、奥又白池へ。

松高ルンゼと、その脇を縫うように続く中畠新道。

きっとあたし一人じゃ、心が折れて辿り着けないような、険しい道でした!

実際に見ても、写真で見ても、どこが道かわからない!!!

慶応尾根の方面かな?

前穂高岳へと続く、岩壁を横目に。

とっても荘厳な景色なのだけど、

歩いている最中は、景色を見やる余裕がない!

ものすごい斜度、なおかつ、両側が切れ落ちた、険しい道でした。

そんな険しさの中にも、ひとときの癒し。

岩岩で、常に緊張感を強いられるルートですが、

たくさんの高山植物と出会いました。

出会いと変化は突然と。

上條さんが、感動ポイントだよー、って笑顔で立ち止まり、

その先をのぞきこむと、

唐突に広がる奥又白池!

このサプライズ感。

ここまで頑張って歩いてきたあたしには、充分すぎるご褒美でした!

残念ながら、霧。

雨までちらつき出して…。

前穂東壁を眺めることは叶いませんでしたが、

ここが岳人たちが集う場所なんだね。

静かな時間が流れるような、神秘的な場所でした。

霧の流れ方がおもしろくて。

いつまでも見ていられそう…!

今回ご一緒いただいた皆さまと。

上高地に、徳沢に、そして山に携わる方々との時間。

いろんな視点からの、山や人のお話。

楽しくて楽しくて、濃く贅沢な時間でした。

ありがとうございました!

 

奥又白池。

バリエーションルートとされている理由がわかりました。

体力も、精神力も、判断力も必要なルートでした。

誰もが行ける場所ではないけど、

安易なハイキングで辿りつける場所ではないけど。

今回行くことができて、本当に幸せ!

 

この取材の様子は、

2018年5月号の『山と渓谷』に載る予定だそう。

楽しみです!

スポンサーリンク