雲ノ平と裏銀座界隈を貸切で。①

雲ノ平と裏銀座界隈を歩いてきました。

下見ということで、ちょっぴりハードなスケジュール。

天気を見て、荷物を軽くして、友人に助けてもらって、やっと行けました!

折立から太郎平小屋までは、整備された道を、ゆったりと。

あの稜線の向こうには、どんな景色が待ってるんだろ。

太郎平小屋から、薬師岳方面。

なんて気持ちの良さそうなトレイルなんだ!

今回は、ここから薬師沢へと下って、さらに雲ノ平を目指します。

雪解け直後で、少し荒れた道を、がしがし下って、

途中、橋を何回か渡って、

(7月上旬の豪雨で橋が流されたとのことでしたが、修復されていました。安心!)

幻の生物「カベッケ」が住むカベッケヶ原にお邪魔して、

薬師沢!!!

水のきれいさに心奪われますが、

この吊橋の心もとなさも、なかなか。

フリーな空間がとっても多いの。

びびりのあたしは、へっぴり腰で渡ったのでした。

そして、地図上で散々恐れていた、急登のはじまり。

急登ってか、直登だね。この看板は正しい。

登りながら、何回心が折れたかな。

辛かったけど、一歩一歩、踏みしめながら、ゆっくり頑張ったよ。

途中で、オコジョに出会いました!

岩の間を出たり入ったりしながら、だんだん距離を詰めて、

こちらの様子を見に来る、とっても好奇心旺盛なコでした。

かわいかった…♡

もはや気力だけで登りを終えると、念願の雲ノ平!

日本最後の秘境、雲ノ平。

その名にふさわしく、だーれもいません。

まさかの貸切!

雲ノ平には、いろんな庭園があるのですが、

どうしてこの名前がついたのかなー?なんて想像して歩くのも楽しい。

 

風景に溶け込むかのように建つ、雲ノ平山荘へ到着。

この日が2017年の営業初日だったんだって!

そして、この日の宿泊者はあたしたちだけ。

その年の初めてのお客さんになれちゃうという、

なんだかとっても、プレミア感あふれる、光栄な宿泊をさせていただきました。

ありがとうございました。

木のぬくもりあふれる、素敵な山小屋。

テラスからは絶景。

たまりません…!!!

さらに、小屋主さんがビールが好きらしく、

ちょっと変わった種類のビールがあったのも魅力的。

なんだか、大きなあったかい船の中にいるような、

落ち着いて安心できる山小屋でした。

ここ、1泊しかしないなんてもったいない!

明日も明後日も、ここにいたいー!ここで雇ってもらうー!

と本気で考えました。

今度は、ゆっくり雲ノ平ステイしよう。

 

さて、もう少し続きます。

続きはこちら→雲ノ平と裏銀座界隈を貸切で。②

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です