風と雨の大縦走~蝶ヶ岳から燕岳へ~

上高地から、蝶ヶ岳・常念岳・大天井岳・燕岳を結んで歩いてきました!

雲は多いものの、文句のつけようのない青空。

梅雨明けを実感するかのような、歩き出しでした。

 

いろんな事情があって、初日は、徳澤園でお泊まり。

泊まりたい!泊まってみたい!でも絶対縁がない!と思っていた、徳澤園。

憧れの徳澤園。

初日だっていうのに、たっぷり贅沢させてもらいました。

館内も、お部屋も、家具も、お風呂も、お食事も!

すべてが素敵ー。

良い香りがしたー。うっとり。

お部屋も、蜂の巣型のかわいらしいお部屋だったんだよ。

 

徳澤園で、たっぷりゆるんだ後は、

長塀尾根を経て、蝶ヶ岳へ。

急登とはいえ、ゆっくりと、のんびりハイキング。

バラみたいにかわいらしい、カラマツの松ぼっくりを見つけたり、

『妖精の池』にみとれたり。

池の周りに、高山植物が咲き乱れて、

ほんとうに妖精が飛び回っているかのような、美しい景色でした。

この日までは、良い天気だったんだ。

蝶ヶ岳では、槍・穂高連峰を眺めることができました!

一瞬で、雲の中に消えてしまったけど、みんなで見れて、うれしかったな。

そして、皆さんが寝た後、

外をお散歩してみたら、

再び、あちら側の山々がどっかりと姿を現していました。

穂高の方々。

雲をまとったお姿もかっこいい。

このシーンも、皆さんと一緒に見たかったな。

さすがに、起こすのは忍びなくて、

ひとりでひっそり眺めてました。

そして、いよいよ今回のメインである、稜線歩き!

なのに、風風風。そして雨。さらにガス。

本来ならば、槍ヶ岳や穂高岳の眺めを堪能できる、至福の稜線。

今回は、風に耐え、確実に歩みを進める、修行の稜線。

むむ。

風は強かったけど、霧だらけだったけど、

一歩ずつ、自然の厳しさを踏みしめながら、歩きました。

ガスってたおかげで、毎回泣きたくなるような、

常念岳への登りも、なんなくクリアできちゃったのは、うれしいサプライズでした。

皆さんが、頑張ってくださったので、

無事に大天荘に到着することができました。ありがとうございます!

大天荘では、『夜の喫茶』を堪能してきましたよー。

ランプの灯る、おしゃれな雰囲気の中で、

ケーキとコーヒーで、まったり。

幸せなひととき。

最終日も、やっぱり、風風風に雨とガス。

でも、あんな天気の中、歩き通せたのは、きっと良い思い出。

燕山荘、燕岳、そして下界を目指して、ひたすら歩きました!

長かったけど、一人ひとりが、しっかりとした足取りで進んでくださったので、

安心しました。

燕岳のイルカくん。

みんなで、一列になって写真を撮ったり、

いろんな形の岩を見つけたり、きゃっきゃっと楽しんで、

燕岳への登頂も成功!

長い合戦尾根を下りる前に、

せっかく燕山荘に来たんだから、とケーキを堪能。

は!食べてばっかりだ、今回…!

写真は、載せませんが、合戦小屋ではスイカも食べました!

グルメを楽しむのも、山の楽しみ方のひとつだもん!

 

疲れた身体には、

合戦尾根は、長くて厳しかったけど、

皆さん、しっかり頑張りました!

4日間、ずっと一緒に歩いて、

たくさん励まし合ったり、笑ったり、助け合ったり。

連帯感が強まって、素敵なチームになりました。

あたしも、たくさん勉強になった、楽しい4日間でした。

ありがとうございました。

また機会があったら、是非山で。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です