山粧う~爺ヶ岳紅葉情報2017年9月~

 

剱岳を観に行こう!

そう思い立って、爺ヶ岳へ。

 

爺ヶ岳へと続く柏原新道は、思い返せばいろんな記憶があって。

五竜や鹿島槍ヶ岳からの下山で利用した時は、その長さに集中力が途切れ、

「もう帰る!」と泣き喚き、(帰ってるのに…)、

同行者を困らせ、挙句見知らぬ登山者にまで慰められたり。

雨上がりの日に通った時は、

まぶたをブヨに刺されて、顔を腫らし

同行者に爆笑のち失笑をもたらしたり、(女性の顔見て笑うなんて失礼な奴!)

なんだかんだ、良い思い出があるのかないのか…。

ともかく、浅からぬ思いを、あたしは一方的に抱いている。

 

それでも、懲りずに何度でも爺ヶ岳に登りたくなるのは、

やっぱり、この景色!

この稜線から眺める、剱岳の迫力ったら!!!

こんな景色が待っている、って知ってしまったら、やっぱり登らずにはいられない。

ある種の中毒みたいな。

 

初めて爺ヶ岳に登頂した時、

この景色に、驚き、圧倒されて、長い時間山頂で過ごしたなー。

変な写真いっぱい撮ったなー。楽しかったなー。

なんて思い出す。

そういえば、その時ハチに刺されたな…!

なんてことまで思い出す。

やっぱり、あたしにとっての爺ヶ岳って、なにかと思い出たくさんの地のようだ。

 

そして、紅葉も、ベストタイミング!!!

もう少し待てば、ダケカンバがもっときれいに黄色く色づくのかもしれないけど、

こんなぴかぴかのお天気の日に、こんなきれいな紅葉見れたんだもん、今日がベストだと敢えて言おう!

爺ヶ岳南峰への登りも、秋の色と夏の色が入り混じって、とってもきれい。

おひさまの光もパワフル。ほんとに文句なしの秋晴れ!

冷池山荘と、鹿島槍ヶ岳の岩肌。

こちらの斜面とあちらの斜面の色の違いに、

秋の色が、じわりじわりと、深まって、そして広がっていく様子を思い浮かべてみたり。

帰り際に、ふと振り返ると、

色溢れる景色が広がっていて。

居合わせた人みんなで、息をのんで見つめた景色。

 

今日一日で、こんなにたくさんの絶景を受け取って、

どう嬉しさを表現したらいいんだろ。

贅沢な山登りだったなぁ!

 

 

スポンサーリンク