食育・お醤油天地返し

20160608

先月仕込んだお醤油さん。

これから、秋に搾るまで、月に1回ほどのペースで

天地返しをします。

今回は、白馬村のしろうま保育園のみんなも

見学に来てくれました!

大豆をテーマに、食育を行っているんだって。

みんな、お醤油は大豆からできるんだって知っていて、驚きでした。

お醤油の樽を、なんだなんだ、と覗きこむちびっこたち。

こんな姿のお醤油を見るのは、初めてだよね。

お醤油のにおいがするー!って盛り上がってました。

20160608

天地返しのお手伝いもしてもらいました。

大豆を、優しく、丁寧に新しい樽に移してくれました。

指についたお醤油をなめて、

おいしー!

うまー!

と、ここでも盛り上がっていました。

もう、濃ーーいお醤油みたいな味になっています。

20160608

お手伝いをしてもらった後は、

去年搾ったお醤油と、今の途中の段階のお醤油をつけて、

わらびを一本食い♪

むしゃむしゃと、みんな夢中で食べていました。

 

お醤油をつくる工程って、なかなか想像もつかないですよね。

自分でも、作ってみるまで、まったく考えもしなかったこと。

普段、自分たちが口にするものが、

なにで、どうやってできているのか、

知ること、知ろうとすること。

とってもたいせつだなぁ、と改めて感じました。

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. ゆたかな生活をしていますねぇ。
    醤油大好きな私には羨ましいかぎりです。
    普通、ソース、塩、ドレッシングなどをかけるものでも醤油です。
    あの何ともいえない馥郁たる香り(涎)
    でも、その元となった味噌は駄目なのですよねぇ(笑)

  2. 修さん
    そんなにお醤油大好きなんですね!
    今の時期は、もう月1回くらいしか構わないけれど、
    半年くらい手をかけたお醤油、やっぱりみんなの愛情がこもったせいか、
    おいしいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です