テントを担いでごつごつ登山

久しぶりに不帰センパイにご挨拶に行ってきました!
八方池からの不帰ノ嶮。遠いな…!

唐松岳までは、人、人、人。
快晴の日曜日。たくさんの人が登山を楽しんでいました。
不帰への下りに入る前に、しっかり気持ちを整えて。

白馬のクラフトショップ・森の生活さんで創っていただいた、
糸魚川翡翠のペンダント。
裏には大好きな不帰センパイを彫ってもらったんだ。
ようやく一緒に来れたよ。ペンダントも一緒に不帰越え。

ごつごつ岩歩き。
どこ歩くんでしょうか、ってくらい幅の狭いナイフリッジが続いたり、
足の長さがモノを言う岩岩の段差を登ったり降りたり、
やたら高度感が強調されて怖い抜けた岩場を通ったり。
一瞬たりとも気の抜けない不帰ノ嶮。

不帰ノ嶮セクションが終わっても、試練はまだ続く…。
天狗の大下りを登らなくては…!
あの登りっぷり、痺れる…!泣きそう!
この日は快晴に続く快晴で。
常に太陽の視線をジリジリと浴び続けた結果、身体が言うことを聞かないくらい怠くなっていました。
水分も塩分も、むっちゃこまめに補給してたのにな。
首筋や手首を冷やしたり、梅干しに頼ったり、アミノ酸にも頼ったり。
重い足を引きずって、天狗の大下りを登りきりました。
かかった時間的には、さほど変わらなかったけど、心の折れ具合半端なかった!

やっと至福の稜線に出れた!
太陽が雲の中に隠れ、心地よい風が吹いていたおかげで、だいぶ回復したよ。
良い気分で稜線歩き。
この日は、信州側はずっと晴れていて、富山側から雲が湧いていました。
信州側が晴れるなんて、ちょっと珍しい。

今日のお宿は、天狗山荘のテント場。
テントを開けたら、白馬鑓ヶ岳の抜群すぎるロケーション♡
雪害の影響で建物が壊れ、2019年も宿泊の営業は行っていない天狗山荘。
テント場と売店は営業しているよ。
建設も進んでいるようだから、2020年こそは営業再開されるといいな!

ニュージーランドで買ってきた、フリーズドライフードで夕ごはん。
日本のフリーズドライにはないような味のラインナップが魅力的。
ナチョチップスと、ピリ辛のビーンズと大豆ミートのメキシカンテイストなお味だったよ。
サラダチキンも投入して、ボリュームとたんぱく質増し増し。

夜中に雨が降ったけど、
やっぱり私は熟睡。
どこでも寝れる、自分の特性に感謝。
翌朝は再びの快晴!

天狗山荘。お世話になりました。
ここへ来ると、山で出会った友たちとの時間を強く思い出す。
みんな元気かな。また一緒に山を歩きたいな。

この日は、通常通り、信州側から雲がもくもく。
お昼から雨の予報だったから、鑓温泉から猿倉を目指して、
ひたすらがしがし下る。

まだ夏のお花も咲き残っていました。
ハクサンフウロ、クルマユリ、ハクサンコザクラなんかビビッドなお花たちもたくさんあったけど、
黄色の絨毯も見事だったよ。

たくさん歩いた2日間!
久しぶりに不帰ノ嶮にご挨拶に伺えて本当によかったな。
ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です