ニュージーランドトレッキング旅~ミルフォード・トラック~

雪のシーズンが始まるぎりぎりまで、ニュージーランドを旅していました。
帰国後、あっという間にバタバタ過ごしてしまったので、なんだか今更な気もしますが、
ちらりとご紹介します。

Milford Track

まずは、ミルフォード・トラックを歩いた記録から。
かつて詩人ブランシュ・ボーガンが『世界一美しい散歩道』と評した、ミルフォード・トラック。
全長53kmのこのトレイルは、3泊4日の一方通行かつ完全予約制。
出発地点や行程、歩く方向が完全に決められている唯一のトレイルです。
ガイドウォーク以外の個人ウォーカーは、一日にたった40人しかこのトレイルを歩くことを許されていません。すごい競争率!

Milford Track

Milford Track

苔とシダの道が続きます。
屋久島に住む友達から、
ミルフォード・トラックは屋久島に似ているらしい、
と聞いていたけど、なんだか納得できる風景。

Milford Track

断崖絶壁を流れ落ちる、滝の数々。
ここフィヨルドランド国立公園は、降水量が多いことで知られていますが、
雨の日こそがこのミルフォード・トラックの醍醐味、らしい。
降り注ぐ大量の雨が、美しい苔の森や澄んだ川、ダイナミックな滝を生み出しているんだって。

Milford Track

雨の日の強い味方、クエーサーライトⅡジャケット&パンツ。

風が強くても、ぴったりフィットのフードで快適に歩けるよ。
細身なシルエットのおかげで、スタイル良くみえるのもお気に入りポイント◎

Milford Track

散歩道、と称されただけあって、
距離は長いけど、道はとっっってもきれいに整備されていて、素敵すぎる。

びっくりしたのは、鳥たちのフレンドリーさ。
人懐っこい鳥たちが、かわいい鳴き声を披露しながら、
登山道までちょくちょく遊びにきてくれます。

Milford Track

このコはWeka。
ニュージーランドの国鳥Kiwiと同じく、飛べない鳥です。
忍び足で近づいてくるくせに、視線が合うと、一目散に逃げていきます。
その逃げ足の速さ!逃げていく後ろ姿とおしり!かわいいかよ。

Milford Track

このトレイル唯一の本格的な登りを経て辿り着くのは、
マッキノン・パス。標高1154m。
晴れていれば、絶景が広がるはずなのですが、こんな感じの霧模様。
ここに至るまで、2泊を共にしてきて、
なんだか修学旅行のような一体感を感じつつある、世界各国の仲間たちと晴れ待ちをしていると…

Milford Track

Milford Track

きたーーーー!

Milford Track

Milford Track

こんな大迫力の山並みが目前に迫っていたなんて!
うれしすぎるサプライズに、思わずみんなでハイタッチ。
とびきりうれしい瞬間があるから、やっぱり山歩きって素晴らしい。

ちなみに、マッキノン・パス近くのシェルターには、
フィヨルドランドで一番眺めのいいトイレもあるので、是非お立ち寄りを。

Milford Track

マウントクック・リリーというお花にも出会いました。
ニュージーランドを代表する山の花。
リリーって名前ですが、ユリではなく、キンポウゲの仲間なんだって。

Milford Track

マッキノン・パスまで標高差500m近く登りましたが、
あっという間に900mほど下ります。
時期的には、春の終わり、夏の始まり、といった季節でしたが、
雪崩のリスクのため、一部通常ルートが閉鎖され、
下りは、険しいエスケープルートを一気に。

荷物が大きめなのは、4日分の全食糧+寝袋を背負ってるから。
日本の山小屋と違い、ハットでは食事は提供されません(個人ウォーカーはね)。
それでも、快適なベッドとマット、コンロとお水は用意されているし、
一日に40人しか泊まらない、っていう規制がかかっているから、ゆったり滞在できるし、
良いことだらけ。
ムリに経済に自然を取り込まない、そんな姿勢が素敵。

ちなみに、防水仕様のバックパック、オゾニック アウトドライ。
雨が多いこのトレイルでは大活躍でした!
中にライナーパックを入れて、さらに防水力を高めて使ってます。

峠越えの後は、気持ちの良い晴れが続きました。

Milford Track

Milford Track

同じような苔とシダの道も、
光の加減で、輝くような美しさ。

Milford Track

Milford Track

Milford Track

ていねいに整備されているとはいえ、
無理やり開発されているわけではないこのトレイルを歩き、
本来に近い美しさの自然を感じました。
人の手が加わることが少なければ、自然とはここまで美しいものなのか、と感動したり、少しせつなくなったり。

Milford Track

33.5マイル、53キロの道のりを歩き通し、
到着したゴール。サンドフライ・ポイント。
終わってしまうさみしさと、無事に歩き通せたうれしさ、仲良くなった仲間たちとのお別れに、胸がいっぱい…!
自然の美しさ、雄大さはもちろんのこと、
一緒に時を過ごした人々のあたたかさ、陽気さ、思いやりが心に残った旅でした。

この旅の様子は、コロンビアスポーツウェアジャパンのwebマガジン、
CSJ magazineでも紹介させていただきました。
是非ご覧あれ!

そしてニュージーランドまでの快適な空の旅は、
ニュージーランド航空で。

ニュージーランドまで唯一の直行便!
国内線も豊富で、乗り継ぎも楽ちん!
機内ではおいしいニュージーランドワインも楽しめますよ♪

スポンサーリンク