Routeburn Track再び!

Routeburn Trackを歩いてきました!
前回2019年4月に訪れた時の様子はこちらから。

2019年に新しく1つ増えて、現在では10あるグレートウォークのうちのひとつ、ルートバーントラック。
普段私がガイドとして活動している、ミルフォードトラックとはまた違った雰囲気のハイキングができるので、とってもわくわくする!

1日目は雨。雨の中のレインフォレストも、幻想的で美しい。
仕事中は、じっくりカメラを構えることもなかなかないから、ここぞとばかりに苔写。
といきたいところだけど、おしゃべりに夢中になりすぎて、あっという間に歩き終わってしまった…1

ハイライトの2日目は、ぴかぴかの快晴!
レイクマッケンジーを眼下に見つつ、ジグザグの急登をゆっくり登っていく。

オーシャンピークコーナーを乗っ越し、
ホリフォードリバーを眼下に、ホリフォードフェイスのトラバース。
ゆるやかに、登ったり下ったりしながら、広大な山の中腹を縫うように進む。
目の前にこれから行く道、振り返ると歩いてきた道。
気持ちいい!!

ホリフォードフェイスのトラバースを越えて、ハリスサドルへと一登り。
写真は、コニカルヒルの登りから、ハリスサドルのシェルターを見下ろしたところ。この続く道の雰囲気、好き!

オプショナルウォークの、コニカルヒルは、
丘なんて気軽に呼べないくらいの、ぐわんとがっつり登り、そして帰りはぐわんとがっつり下りですが、
こんなお天気に行かないなんて選択肢はない!!!

レイクハリスを見下ろす展望台で、ひとやすみ。
一緒に歩いてきた仲間たちと、写真の撮り合いっこ。
なかなか自分がフレームの中に納まる機会もないので、記念に一枚。

コニカルヒルのてっぺんからは、360°の大パノラマ。
遠くには、タスマン海も見えたよ。なんと打ち寄せる波までしっかり見える!
なんて奇跡的な天気の良さ!
充分に堪能して、下りは気分良く、リズミカルに♪
なんて調子に乗ってたら、がっつり転んで、
剥き出しの足をしっかり擦りむいたのでした。気を付けよう。

ルートバーンフォールズまでは、
レイクハリスの高みを優雅に歩いたかと思えば、
ごろごろ岩の道を、一気に湖面の高さまで下るという、
飴と鞭的なトレイル。
でもひとたび川のそばに近づいたら、後は機嫌よく、なだらかな道を。
ルートバーンフォールズロッジで、
滝の下の泳げるスポットを教えてもらい、挑戦!
みんな泳いでたけど、私には、冷たすぎて足を浸すことで精いっぱい。
泳ぎたかったなー!

最終日の3日目も、これまた快晴!
これから下るルートバーンフラットが、朝の光に美しい。
今日の行程は、全行程の中でも一番短いし、なんだかみんなリラックス。

ゴール間近のフォージフラット。
オーストラリア出身のコが飛び込むと、負けてられない!とニュージーランドのコも飛び込む、という合戦が繰り広げられていました。
最後は、オーストラリアチームの飛び込み・ペアの部で締めくくり。

直前のミルフォードトラックで、ガイドとして案内をしたお客様の何人かと、
このルートバーンでは、ウォーカー同士として一緒に歩くことができました。
8日間も一緒に過ごせて、娘みたいにかわいがってもらい、ありがたかったな☆

ミルフォードトラックとは、雰囲気も景色も違う、ルートバーントラック。
とっても良い気分転換になりました!
最高の旅だったよー!みんなありがとう♡

スポンサーリンク