シャクナゲの森へ、鍬ノ峰

北アルプス鍬ヶ峰

シャクナゲが観たい!とのリクエストをいただき、
北アルプスの展望台、鍬ノ峰へ登ってきました。

新緑のカラマツ

からからに干からびそうなくらいの快晴。
5月でこれだったら、夏はどうなっちゃうのかな、と心配しながら、
ひたすらに急な道をごんごん登っていきます。
登山道はものすごく丁寧に整備されているんだけど、
心臓が破れそうな急な登りの連続。
日陰もすくなく、熱中症を予防できるように、歩きながらも水分、塩分、水分、塩分と心配り。

北アルプス鍬ヶ峰

あーー!ツライ!!!
って何回も笑いながら、ようやく辿りついた山頂からは、
ぐるりと北アルプスの山々が。
こんなご褒美があるから、また山に登りたいって思っちゃうんだよな。

北アルプス鍬ヶ峰

こんな暑さが続いたら、今年も高山植物の開花が早くなるのかな。
なんて、今後の山行スケジュールと照らし合わせながら、
開花のベストタイミングを祈ったり。
せっかく辿りついた山頂だけど、日差しから逃れたくて、滞在時間は30秒。
山頂直下の木立の中が、この日の正解だったと思う。

満開のシャクナゲ
満開のシャクナゲ

期待していたシャクナゲは、見事に満開!
薄桃のグラデーションに染まった花は、ほんとにすてき。
この時期にしか体験できない、山の特別な醍醐味。

急登に暑さに日差しに、と半ば苦行のようだった登山でしたが、
たくさんのうれしい瞬間もみつけることができました。

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です