久々の青空と唐松岳

なかなか梅雨が明けないー!!!困ったな。
それでも、久々の青空に、タイミング良く唐松岳へ行くことができました。

八方池の周りでは、タカネバラが見ごろでした。
もう7月の中旬過ぎなのに、まだ見ることができてうれしいな。

扇の雪渓より下には、いつものシラネアオイの林も。
雨でだいぶ散っていましたが、まだ残ってくれていました。
雪のおかげか、いつもより高山植物の開花がゆっくりな場所も多く、
もしかしたら、例年より長くいろんな高山植物が楽しめるかも!と期待したり…

近づくごとに迫力を増す、不帰センパイ。
今日もかっこいいなー!
雨上がりで空気が澄んでいるせいなのか、いつもより近くに感じられたよ。

唐松岳へと登る人々もくっきり見えたよ。
今年も今のところ、迂回ルートは通行止め。
尾根道ルートを行きます。
人が多い日や時間帯は、すれ違いにかなり神経と時間を使います。お気を付けあれ!

唐松岳の山頂から、不帰センパイ方面。
こちら側からやってくる人々の、達成感に満ちた表情を見るのが好き。
おつかれさまでした。

雲は絶え間なくもくもく湧いてくるけど、
それでもこんなに青い空を長い時間見られたのは久しぶり。
週末ごとに雨降るの、そろそろやめてほしいな。

雨こそ降らなかったのが幸いだったけど、
ひとたび霧に包まれると、急に表情が変わる自然の不思議。

たくさんの高山植物にも出会い、
白馬一帯が高山植物の宝庫であること、改めてうれしくなった山行でした。
ありがとうございました!

ヤマノオトでは、八方池までの日帰りハイキングのご案内も致しております。
ゆっくり山の花々を愛でながら、絶景に出会う山旅。
少人数制ですので、心ゆくまで山の時間をお楽しみいただけますよ◎
詳細はこちらからご確認ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です