ニュージーランドトレッキング旅~ベン・ロモンド~

もうニュージーランドから帰国してだいぶ経ちますが、
今さらながら、旅の続きを…。
前々回のミルフォード・トラック、
前回のケプラー・トラックに続き、ニュージーランドトレッキング旅3本目は、ベン・ロモンドへ。
こちらは、日帰りハイキング!
湖畔の美しい街、クイーンズタウンの町中から歩いてアクセスできるのが魅力のハイキングコースです。

Ben Lomond

日帰り♪と油断していましたが、
この旅の中で最もハードだったのが、このベン・ロモンドだったなー。
確かに、勧めてくれた友人も、
「むっちゃ大変だけど、なんとかなるし絶景だよ!」
なんて言ってたなぁ。

クイーンズタウンに訪れた人なら、きっと誰しもが立ち寄る観光名所、
スカイゴンドラの終点から、さらに上へ上へ。約2時間半登りつめたその先が、標高1,748m、ベン・ロモンド山頂です。
麓の街からの標高差は1292m。
私たちは、スカイゴンドラには乗らず、下から歩いて登って、そして歩いて下りたので、この標高差をそのまま自分の足で日帰りで!
なかなかにキツイ…!

Ben Lomond


上は、
ハリー・ポッターの写真の中の人物みたいに、動きを出したかったのに、
躍動感に恵まれない人。

スカイゴンドラ終点の展望台までは、むちゃくちゃな急登をひたすらに。
日本でも、里山の方がきつかったりするけど、
ここベン・ロモンドでも標高の低い里山パートの方がしんどかったな。
びっくりするくらいの急な登りで、何回も心が折れかけちゃった!
それでも、地元の人はランニングしながら登ってたり、
颯爽と下ってきたり、と素敵さ全開。
よれよれな私とはえらい違い。
登山のウェアもカジュアルでかわいいし、憧れるなー。

Ben Lomond

スカイゴンドラから上は、一気に雰囲気が変わって、
いきなり山岳ムードたっぷり。
森林限界を超えて、なんだか荒涼とした山の風景が続きます。
天気は下り坂、の予報だったから朝早く出たけど、
目指す山頂付近は厚い雲。

Ben Lomond

晴れることを信じて、ひたすら登りに登り。
展望台から片道2時間半、なんて気楽な感じですが、
すなわち2時間半ひたすら急登。
目指すサミットは、雲の中からちらちらと。

Ben Lomond

振り返れば、ワカティプ湖。
あの湖畔とほぼ同じ高さから登ってきたんだから、よく頑張ってる!
ほんとは絶景に包まれながらの登山をしたかったけど、
こんなふうに、時おりのご褒美に出会える登山も、また素敵。

Ben Lomond

山頂に着いたときは、一番天気が悪くて。
風も強いし、寒いし、真っ白だし!
お願い、晴れてよー。と、モニュメントを回して願掛け。
それでもしばらく晴れそうもないので、
スナックタイムにしようとしてたら…

Ben Lomond

KEAが来た!
近いーー!!!ぐいぐい来るー!!!
この中においしいのあるの知ってるよ、すこしちょうだいー!
とおねだりされました。
KEAって人懐っこいんだよな。かわいい。
(写真、ちょっと不思議な映り方してますが、右足ちゃんとあるので大丈夫ですよ!)
KEAと遊んでるうちに…

Ben Lomond
Ben Lomond

やったー!晴れたよ!!!
この景色が見たかったんだ!
山頂で同じように晴れ待ちをしていた人々も、一斉にセルフィー大会。
楽しい瞬間でした。

Ben Lomond
Ben Lomond

ワカティプ湖とは反対側には、こんなに壮大な景色が。
観光都市・クイーンズタウンのすぐ後ろに、こんなに素晴らしい景色が広がっているなんて!
ニュージーランドってほんとに懐深い!

この旅の様子は、コロンビアスポーツウェアジャパンのwebマガジン、
CSJ magazineでも紹介させていただきました。
是非ご覧あれ!

そしてニュージーランドまでの快適な空の旅は、
ニュージーランド航空で。

日本からの唯一の直行便。
機内で流れる、安全ビデオが愉快で好き♪
空の旅も楽しく過ごせるのがニュージーランド航空の素敵なところ◎

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です