後立山連峰縦走!唐松岳から爺ヶ岳♪その2

五竜岳

さぁさぁ、続きの始まりですよー。

唐松~五竜のお話はこちら→後立山連峰縦走!唐松岳から爺ヶ岳♪その1

2日目も、霧だらけのスタート。

五竜山荘の皆さまとの別れを惜しみながら、五竜岳山頂へ。

里から見ている、武田菱のところ歩いてるっ♪なんて、わくわくしながら、

かつ、岩場や鎖場にアドレナリンを振り撒きながら、登頂!!!

…やっぱり霧でした。

でも、時々青空が見えたり、

これから向かう鹿島槍ヶ岳の双耳峰が、ぴょっこり見えたり、

うれしいタイミングも。

あ、ちなみに鹿のイラストがかわいいTシャツは、Mountain Hardwearさんのもの→Women’s Hardwear Graphic T YO3

ヨセミテの鹿さん。とぼけた表情がたまらない♪

吸汗速乾のポリエステル素材なのに、コットンぽい肌触りで、

山のシャツです!って感じがしなくて好き。

相当お気に入りで、色違いで、みどりとあおと持っています!笑

 G5へ

五竜岳山頂から、険しく長く厳しい岩稜が続きます。

 ねー、どこ歩くの。ってくらいの厳しさ。緊張します!

念のため、簡易ハーネスとスリングで、危険個所の通過に対応します。研修山行だもんね。

三段登りの壁

登山道、というより、壁、をよじ登り、

ザックが重いよー!とテント泊の醍醐味を痛感してみたり。

ここは、三段登りの三段目。

登り切ったら、平坦な稜線!!!

は、なく、またひたすらよじ登り。

八峰キレット小屋

ちょっと稜線歩きを楽しんだり、登ったり、

を繰り返して、

 梯子なんかも越えちゃったりして、

やっと見えてきた!キレット小屋ー!!!

なんで、こんなところに小屋作ろうと思ったのー!!!ってくらい、断崖絶壁に建っています。

かつ、断崖絶壁に挟まれています。

それでも、ここに小屋があってくれるという安心感。

さとさんは、その昔、キレット小屋でも大変お世話になっていて、

支配人さんも、頼もしい笑顔で迎えてくれました。

ゆっくりしたいけど、今日は通過。八峰キレットが待っています。

八峰キレット

八峰キレット。

緊張しております。

草付きで、安心しがちだけど、その先崖だからね。落ちたら助からないよ。

なんて、淡々と言われますが、そんなこと言われなくても、しっかり怖いです。

研修山行だからね、と言いつつ、自分のために、

核心部は、確保して通過しました。

それでも、すっごく楽しかった!!!

鹿島槍ヶ岳稜線

鹿島槍ヶ岳の北峰を過ぎるまでは、険しい登りや岩稜が続きますが、

南峰が近づくと、今までと、雰囲気が変わって、THE稜線歩きに。

霧がかかっているのが、とても神秘的。

冷池山荘テント場

冷池山荘のテント場。人様のテントの前で。笑

一日、とってもいっぱい歩いて、いっぱい緊張して、

それでも、まだ夕焼けが見れそうな予感に、わくわくしてる!

冷池山荘テント場

夕日

見れたー!!!

一日中、ほとんど霧だったけど、

夕方の一瞬だけ、奇跡を見せていただきました。

剱岳も、しっかり見えたよー!

ありがたや。

この後、夜はまた霧になってしまったので、本当にうれしい一瞬だったのです。

爺ヶ岳くだり

最終日は、これまた霧。かつ、荒れる予報が出ていたので、

爺ヶ岳山頂は、3つとも巻いてしまいました。

下りはじめたら、天気が良くなってきたり、

今回はすっかり天気と相性が合わなかったけど、

それでも、無事に楽しい山旅を終えることができました。

山の神様と、さとさんに感謝!

長ーい記事にお付き合いいただきまして、ありがとうございます。

この山域、行ってみたい!と思った方!

さとさんのご指名もお待ちしております→プライベートガイドのご案内

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です